出産祝いにはお返しが必要

赤ちゃん

品物選びに迷ったら

赤ちゃんが生まれた時に周囲の人からお祝いをいただいた時は、すみやかにお返しをするのが礼儀です。このお返しのことを、一般に出産内祝いといいます。出産内祝いは、元々は子供が生まれた報告を兼ねてごく親しい人々喜びを分かち合うという意味を持つ風習でした。しかし現在では、お祝いに対する返礼という意味を持つようになり、贈る対象も広がってきています。出産内祝いは子供が生まれてから1ヶ月以内、遅くとも2か月以内には相手方に届けるのがマナーとされています。ただし、大分経ってからお祝いをいただいた時はこの限りではありません。出産内祝いの予算はいただいたお祝い品のおおよそ半額から3分の1を目安とします。品物は相手の好みや生活環境などに合わせて選ぶのが鉄則ですが、最近ではカタログギフトを利用する例が目立っています。カタログギフトは複数の品物を掲載したカタログを相手方に渡し、好みのものを自ら選んでもらえるので、贈り物選びに頭を悩ます必要がありません。特に趣味や家族構成などをよく知らない人が贈り先となる場合は、とても便利です。また、多くの業者は市価よりも割安な価格で品物を用意していたり、送料を無料にしたりといったサービスを提供しているので、内祝いにかける費用を節約する目的にも活用できます。さらに、相手方にお礼状を書く際「どんな品物を選んだのかぜひお知らせください」などと書き添えておくと、相手の好みを知る機会が生まれるので今後の交際に役立ちます。

Copyright© 2018 困った時の出産内祝い選びの参考書【相手の方に選ぶ楽しみを贈る】 All Rights Reserved.