歴史から見た魅力

雛人形

知れば見方が変わる

日本では古来より3月3日の上巳の節句には、雛人形を飾って女の子の成長を寿ぎます。商業施設や、公共施設などでも2月の節分を過ぎたあたりから雛人形を飾るようになるので、ご家庭に無くても目にする機会は多いでしょう。この雛人形の原型は平安時代にまで遡り、元々は厄払いに用いる形代でした。この風習は現在でも流し雛として、地域によっては見ることが出来ます。時代が下ると雛人形は飾る物になりましたが、女の子の厄を引き受けてくれるようにと願いが込められているのは変わりません。最初から現在のような姿をしていたわけではなく、古くから時代に合わせて多種多様な雛人形が作られてきました。当初は紙製の立雛と呼ばれるものが作られていましたが、江戸時代の頃になると現在の雛人形の原型が作られ、裕福な商人などを中心にして豪華絢爛な人形を飾る事が流行して現在に至ります。元々貴族の中で始まった文化であったため、京都を始めとした畿内を中心に作られていましたが、江戸時代になると江戸でも盛んに雛人形が作られるようになり、畿内とは異なった様式も取り入れながら発展していきました。現在でも京雛と江戸雛というように、同じ雛人形でも京都風のものと関東風のものを分けて分類しますが、それにはこうした歴史的背景があるのです。現在でも変化は続いており、例えば京雛と江戸雛で男雛と女雛の位置が逆になっているのは、昭和になってからと言われています。本来は京雛のように向かって右に男雛を置きますが、江戸雛は近代天皇制において国際儀礼に則った姿を参考にして、男雛を左に置くように変更したものです。さらに最近では十二単にドレスの要素を合わせた西洋風のものや、アニメキャラクターのような可愛らしさを持たせたものなども見られるようになっています。

Copyright© 2018 困った時の出産内祝い選びの参考書【相手の方に選ぶ楽しみを贈る】 All Rights Reserved.